パラブーツのシャンボードをリッジウェイソールでオールソール

こんにちは!

今回はパラブーツのシャンボードをリッジウェイソールでオールソールしましたので紹介させていただきます。

リッジウェイ1枚だと薄いのでラバーミッドソールを挟んでいます。
リッジウェイソースは履き心地も硬めで、元のパラテックスソールに比べるとカチッとドレッシーな印象に仕上がります。

今回は全体クリーニングと、ボロボロになっていた腰裏部分も補修しました。

 

 

ちなみにパラテックスソールの中は次のようになっています。

 

中物の代わりにリブ状のラバーがアウトソールと一体化しています。シャンクも埋め込まれています。

ソールも作れるパラブーツならではの仕様です。

これは流石に修理屋には再現不可能ですね… オールソールをする場合は一般的な紳士靴の仕様(金属シャンク+コルク)となります。

メニュー
・リッジウェイAS
・すべり革
・丸洗い

 

リスレザーは磨き甲斐がありますね!

これで安心して履いていただけます。

ご利用ありがとうございました。

 

 

お困りのお品物がございましたらぜひ一度ご相談くださいませ。

◯お問合せはこちら←LINE、メール、お電話にて受け付けております。

◯ご配送はこちら←より承っております。

◯ダンスコ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーロラシューズ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーダー靴製作も承っております。

◯アマクサファクトリーオリジナル革小物製品も販売いたしております。

 

staff Y.S

La Botte Gardiane のウエスタンブーツをブラックラピド製法でオールソール

こんにちは!

本日はLa Botte Gardiane のウエスタンブーツのオールソールを紹介致します。

 

La Botte Gardiane(ラボッテガーディアン)は1958年創業のフランスで唯一のカウボーイブーツメーカーとして始まったシューズメーカーです。

現在も昔ながらの職人によるハンドメイドで生産され、機能的で頑丈な作り、そして履き心地の良さを守り続けています。

 

元々のアウトソールはレザーです。靴の中がよく見えず、ソールにステッチが見えないので構造がよくわかりませんでした。

 

 

ウエスタンブーツはグッドイヤーウェルテッド製法が多いのですが、実際に剥がして見ると…

 

 

なんとネイルダウン製法でした!ソールを釘で本体に取り付ける製法です。

ネイルダウン製法は20世紀の半ばくらいには廃れてきた製法なので現在ではほとんど見ることはありません。アメリカのヴィンテージブーツではなくて、フランスの現行ブーツで見るというのがとても面白いです。

ウェルトのように見えた部分もミッドソールで、レザーミッド、ラバーミッド、レザーアウトソールの順についていました。ステッチもダミーではないですが、なぜアウトソールまで出し縫いをかけなかったのかは謎です(笑)。交換しやすいようにでしょうか?

 

さて、釘は腐食するのでネイルダウン製法は中底へのダメージが大きめです。今回は中底まで作り直し、本体とミッドソールを釘の代わりにマッケイ縫いで縫い付け、アウトソールとミッドソールを出し縫いで縫い付ける、ブラックラピド製法で底付けしました。

ブラックラピド製法は比較的ソール交換しやすい製法ですが、今回はヴィンテージスチールとハーフラバーを予め取り付けているので、しばらくはソールを交換する必要になることはないです。

 

 

コバはオリジナルのナチュラルな雰囲気を残したかったので、ワックス薄めのライトブラウンで仕上げました。

アッパーの仕上げはアマクサファクトリーオリジナルのR389で仕上げてあります。分厚い一枚革のこのブーツとは非常に相性が良かったです!

 

 

お困りのお品物がございましたらお気軽にご相談ください。

◯お問合せはこちら←LINE、メール、お電話にて受け付けております。

◯ご配送はこちら←より承っております。

◯ダンスコ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーロラシューズ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーダー靴製作も承っております。

◯アマクサファクトリーオリジナル革小物製品も販売いたしております。

 

staff Y.S

Clarksのデザートトレックの春夏イメージカスタム

こんにちは!

クラークスのデザートトレックを本クレープからスポンジソールへカスタムしましたので紹介いたします。

アウトソール、縫い糸、靴紐を白で統一したイメージチェンジカスタムです!

通常、クラークスのようなステッチダウン製法の靴の場合、形が変わってしまうため中底(兼ミッドソール)まで交換はしません。
ですが今回は中底にもダメージがあったためレザーで作り直し致しました。
中底を外すと写真のように本当にバラバラになります。

元々の中底の型をとり、新しく作ります。アッパーと中底は元々の縫い目を拾って手縫いで縫っていきます。

使用したソールはvibramの9107ソールです。
Vi-Lite素材のソールで、見た目のゴツさに反してとても軽いソールです!耐久性もスポンジ系の中では高めです。
個人的にはコバ面が滑らかに仕上がるので、とても好きな素材です。

 

春らしく軽快な感じのカスタムになったかと思います!

 

メニュー
・vibram9107 AS
・レザーミッド
・靴紐

 

 

お困りのお品物がございましたらお気軽にご相談ください。

◯お問合せはこちら←LINE、メール、お電話にて受け付けております。

◯ご配送はこちら←より承っております。

◯ダンスコ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーロラシューズ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーダー靴製作も承っております。

◯アマクサファクトリーオリジナル革小物製品も販売いたしております。

 

staff Y.S

VISVIMのスニーカーやブーツのリソール

こんにちは!

今回はVISVIMの靴のオールソール例をいくつか紹介させて頂きます。

 

①ユニットソールからEVAミッド+アウトソールのカスタムです。

雰囲気は元々のユニットソールに寄せたカスタムです。

お客様のご希望で厚みを少しだけ厚くしています。

セメント製法からマッケイ製法に変更しています。耐久性が上がりました。

メニュー
・EVAミッドソール
・vibram148 オールソール

 

 

 

②グッドイヤーウェルテッド製法でかなり凝ったつくりでした。

スポンジソールからセパレートタイプのラバーソールへ変更です。

カカトが減っても安心な仕様です!

メニュー
・レザーミッドソール
・vibram100 オールソール

 

 

③フリンジが可愛らしいデザインです!

接着跡を革で隠し、元々のユニットソールに似たソールを装着しました。

メニュー
・vibram893 オールソール

 

 

 

単にソール交換といっても部材や取り付け方は様々です。

ご希望に沿った提案をしていきますので、ぜひご相談ください!

 

staff.YS

トップへ戻る