パラブーツのシャンボードをリッジウェイソールでオールソール

こんにちは!

今回はパラブーツのシャンボードをリッジウェイソールでオールソールしましたので紹介させていただきます。

リッジウェイ1枚だと薄いのでラバーミッドソールを挟んでいます。
リッジウェイソースは履き心地も硬めで、元のパラテックスソールに比べるとカチッとドレッシーな印象に仕上がります。

今回は全体クリーニングと、ボロボロになっていた腰裏部分も補修しました。

 

 

ちなみにパラテックスソールの中は次のようになっています。

 

中物の代わりにリブ状のラバーがアウトソールと一体化しています。シャンクも埋め込まれています。

ソールも作れるパラブーツならではの仕様です。

これは流石に修理屋には再現不可能ですね… オールソールをする場合は一般的な紳士靴の仕様(金属シャンク+コルク)となります。

メニュー
・リッジウェイAS
・すべり革
・丸洗い

 

リスレザーは磨き甲斐がありますね!

これで安心して履いていただけます。

ご利用ありがとうございました。

 

 

お困りのお品物がございましたらぜひ一度ご相談くださいませ。

◯お問合せはこちら←LINE、メール、お電話にて受け付けております。

◯ご配送はこちら←より承っております。

◯ダンスコ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーロラシューズ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーダー靴製作も承っております。

◯アマクサファクトリーオリジナル革小物製品も販売いたしております。

 

staff Y.S

ハイヒールパンプスのソール染め替え

こんにちは!

今回はハイヒールパンプスのソール染め替え修理のご紹介です。

新品のパンプスのソールを赤から黒へ染め替えました。

レザーソールではなくラバーソールなので正確には染め替えというより塗り替えです。

 

メニュー
・ソール染め替え
・ミラーハーフ

まずはビフォーアフター画像をご覧ください。

 

レディースパンプス、特にハイヒールはソールに厚めの塗装が施されていることが多いです。今回のパンプスも同様でしたので、まずは塗装を削り落とすところから始めます。

角度的にほとんど機械では削れないので、手やすりで地道に落としていきます。すごく大変でした…

グレーの部分が削った部分です。機械だとここまでしか削れません(笑)

塗装を落とした後は着色、コーティングしていきます。

綺麗に光沢が出るよう磨きあげていきます。

 

また、変えた色に合わせて黒のミラーハーフも付けたので、安心して履いて頂けます!

 

ハイヒールだとソールが見えるので、ソールデザインは重要ですよね。

既製品を自分に合うようにカスタムして履くスタイルはとてもかっこいいと思います!

ご利用ありがとうございました。

お困りのお品物がございましたらぜひ一度ご相談くださいませ。

◯お問合せはこちら←LINE、メール、お電話にて受け付けております。

◯ご配送はこちら←より承っております。

◯ダンスコ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーロラシューズ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーダー靴製作も承っております。

◯アマクサファクトリーオリジナル革小物製品も販売いたしております。

 

staff Y.S

トップへ戻る