Dansko Marcelle (ダンスコ マルセル)パイピング修理、ソール修理

こんにちは staff N.Hです。

すっかり秋めいた涼しさですね。

 

さて、本日はDansko Marcelle (ダンスコ マルセル)の修理例をご紹介いたします。

プロフェッショナルやイングリッドなどのよくみるダンスコとはまた少しデザインが変わったダンスコです。

パイピングの取り付けも少し違いますね。

=================

メニュー
・丸洗いクリーニング
・甲周りパイピング交換
・履き口周りパイピング交換
・リフト修理
・ソール修理

=================

【マルセルブラック】

 

甲周りパイピング、履き口周りパイピングの交換

 

本革で交換いたしました。 ポロポロとめくれてくるような劣化はしませんので安心です。

 

 

【マルセルワイン】

ワインカラーも素敵ですね。

甲周りパイピング、履き口周りパイピングの交換

 

 

 

ハーフソール修理、リフト修理をいたしました。 パターンの似ているvibramのスポンジ素材で補修いたしました。削れ具合により部材の厚みを変えてお修理致します。

 

パイピング交換修理をご依頼の際はクリーニングも含まれていますので、すっきりきれいに蘇りますよ。
再び履かれる際はお靴も気分も気持ち良く一歩を踏み出していただけるかと思います。

ご依頼いただきありがとうございました。

 

カスタムやリメイクの修理も承っております。

お困りのお品物がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

◯お問合せはこちら←LINE、メール、お電話にて受け付けております。

◯ご配送はこちら←より承っております。

◯ダンスコ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーロラシューズ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーダー靴製作も承っております。

◯アマクサファクトリーオリジナル革小物製品も販売いたしております。

 

staff N.H

 

「花火大会」に行って来ました!

こんにちは、Staff  M です。

アマクサファクトリーのblogをご覧頂きありがとうございます。

 

まず最初に宣伝させてください!<(_ _)>✨

DANSKO(ダンスコ)修理受付中です!!お待ちしてます!!

 

 

 

ダンスコ・プロフェッショナル、イングリッドの基本修理各種

 

今回は表題の通り「花火大会に行って来た!」話です。

 

行って来たのはこちらの花火大会です。

神明の花火大会

 

山梨県で行われる花火で約2万発。感想はもちろん最高でした!

田舎者のボクは「花火は土手で見上げるもの」と思ってますが

今回はコロナ対策として初めて車中から観ました。

 

花火大会に行くこと自体が数年ぶりだったので、車中からでも綺麗で夏を満喫した気分。

まだまだ花火大会は開催予定がありますので

お時間がある方は是非行ってみてください。😊

 

 

そんな訳で、今後とも

アマクサファクトリーをよろしくお願いいたします!

 

ではまた。

 

Staff  M

 

 

当店のダンスコ修理について👞

本日は当店のダンスコ修理に関して、少しご紹介したいと思います。

当店では様々なメニューの修理を行っており正規店では行っていない、パイピング交換、ソールの修理なども行っており、基本的にソールの加水分解などが無ければ、できる限りの修理はお受けしております。

ダンスコは構造がやや特殊なことや他店ではあまり修理をしていない事もあり、履き心地に関しては以前より独自に研究しており、古くなったダンスコを仕入れ分解し、いかに修理時の履き心地の変化を抑えることができるか、常々考えております。

下が研究用に半分に裁断したダンスコの画像です。(店舗にて実物も展示しております)

またダンスコの修理に関して、当店ではおかげ様で合計修理数が300足を超え、修理の経験や質に関しては自負があります。もしダンスコの修理に関して何か疑問がございましたら、下記からお問合せ下さいませ。また当店オンライン受付、配送修理も承っております(送料1000円 ※修理代金12000円以上で無料)

◯お問合せはこちら←LINE、メール、お電話にて受け付けております。

◯ご配送はこちら←より承っております。

◯ダンスコ修理はこちら専門受付サイトがございます。

よろしくお願い致します。

Staff S.H

木梨憲武展に行って来ました!

こんにちは、Staff  M です。

アマクサファクトリーのblogをご覧頂きありがとうございます。

 

まず最初に宣伝させてください!<(_ _)>✨

DANSKO(ダンスコ)修理受付中です!!お待ちしてます!!

 

 

 

ダンスコ・プロフェッショナル、イングリッドの基本修理各種

 

今回は「木梨憲武展に行って来ました!」という、ただただそれだけの話です。

「木梨憲武展」

作品紹介

↑公式HPはこちら。

 

ボクが行ってきたのは上野でやっていた「木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-」です。

家族で行って来たのですが、もちろん最高でした。😊

最高過ぎてグッズを大量に買い込んで来ました!

グッズに興味がある方はこちら

 

ただ、以前「蜷川実花さんの個展」に行った事を書いた時も思ったのですが、

写真や絵などのアート関係の良さを言葉で伝えるのは難しいっす。。。😅

 

語彙力がないので全然文字じゃ伝えられないので、HPの作品紹介を見て

少しでも気になった方は行ってみてください!

全然気にならないなら行かなくても良いと思いますが、ちょっとでも気になったなら行ってみたら良いでしょう!

 

「個展エピ」としては、小1年の子供も一緒に行ったのですが、個展から帰ったら早速画用紙に絵の具で絵を描いてました。

↓木梨さんの「感謝」が気に入ったようで真似して何枚か描いてました!

何枚か描いて「今日行った所に飾って欲しい!」「あそこに飾ってみんなに見て欲しい!」

と言っていたので、きっと将来は画家で確定でしょう!どうやら才能がありそうです!

 

絵が好きはお子さんはもちろん、絵に興味が薄いお子さんでも、観せてあげると興味の幅が広がるかもしれません。

 

そんな訳で、今回は子供にもオススメの個展紹介?でした。

アマクサファクトリーもよろしくお願いいたします!

 

ではまた。

 

Staff  M

 

 

DANSKO(ダンスコ)のカカトカウンター芯交換

こんにちは!

本日はDANSKO(ダンスコ)のカカトカウンター芯交換修理をご紹介いたします。

 

ダンスコはカカトにプラスチックの芯がついておりカカトをしっかりホールドするようにできています。

ただ、経年劣化によりプラスチックが割れてきてしまうことがあります。

そのような時でも交換ができますよ!

靴製作も行っている当店では、靴を作る時も使う革のカウンター芯をダンスコ用に加工して作成いたします。

 

===============================

メニュー

・カウンター芯交換

 

<BEFORE>

完全に割れています。

 

 

<AFTER>

元のプラスチック芯の形、厚みを革で成形し、特殊なノリを使って同じような硬さを出し、作成いたしました。

AFTER写真では芯を黒い革で覆っているので、作成した芯は見えませんが、再びしっかり足をホールドしてくれるようになりました。

 

 

 

 

芯が入っていることがアールの形でうっすらと見えますね。

お分かりになられるでしょうか….

 

ご依頼いただきありがとうございました!

弊社ではダンスコ修理専用オンラインサイトも設けておりますが、そこに載せていない修理メニューもございます。

お困りのお品物がございましたらぜひ一度ご相談くださいませ。

 

◯お問合せはこちら←LINE、メール、お電話にて受け付けております。

◯ご配送はこちら←より承っております。

◯ダンスコ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーロラシューズ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーダー靴製作も承っております。

◯アマクサファクトリーオリジナル革小物製品も販売いたしております。

 

staff N.H

 

トップへ戻る