HERMES(エルメス)前胴ポケットの作成交換修理

本日はHERMES(エルメス)の鞄修理をご紹介いたします。

=============================

メニュー

・前胴ポケット作成交換修理

 

<BEFORE>

ポケットの目立つところに擦り傷がございました。

凹凸のある革のため、傷を埋めて染め直すと凹凸の革質が平滑になってしまい修理跡が目立ってしまうので新しく作成し交換させて頂くことになりました。

 

 

一度元のポケットを取り外します。

 

表革、裏革、芯材を揃えて作成していきます。

今回はオリジナルの赤っぽい色の革ではなく、黒の革で作成し交換させて頂くことになりました。

 

本体の縫い目の穴に合わせるため、同じ数、同じ場所に縫い目の穴を開けています。

 

本体とポケットを合わせていきます。

裏面の下穴に合わせるため、手縫いで合わせています。

 

余り革をカットし、コバ'(革の断面)を整えます。

コバの表面を紙やすりで整え、磨きあげて仕上げていきます。

 

<AFTER>

ホーウィン社のハッチグレインレザーを使用いたしました。

エルメスの雰囲気に劣らない上質な高級革です。

 

革の厚み調整や芯材により元の厚み、張り感も再現いたしております。

全て手縫いで仕上げていますので、見た目も強度もバッチリです。

オリジナルとはまた違った上品さと大人の雰囲気を漂わせています。

とても素敵です!

 

お困りのお品物がございましたらぜひ一度ご相談くださいませ。

 

◯お問合せはこちら←LINE、メール、お電話にて受け付けております。

◯ご配送はこちら←より承っております。

◯ダンスコ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーロラシューズ修理はこちら専門受付サイトがございます。

◯オーダー靴製作も承っております。

◯アマクサファクトリーオリジナル革小物製品も販売いたしております。

 

staff N.H

HERMES(エルメス)ブリーフケース 引っ掻き傷跡&ボールペン跡の修理

こんにちは!

本日1/30(日)は19時まで営業中です!

 

さて、本日はHERMES(エルメス)ブリーフケースの修理のご紹介をいたします。

①引っ掻き傷の補修

②ボールペン跡の補修

 

①引っ掻き傷の補修

正面に大胆に傷が入っておりました。

 

なるべく革の風合いを保ちながら丁寧に染め直しをさせていただきました。

 

 

 

②ボールペン跡の補修

フラップの内側にボールペンのインク跡がついていました。

実は厄介なボールペンインク跡。

丁寧に根気よく復元いたしました。

 

*傷跡、ボールペン跡、どちらも完全に消すことは難しい場合もございます。

なるべく目立たなくすることはできます。

 

お困りのお品物がございましたら、ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

お問合せはこちら←よりメール、LINE、お電話にて承っております。

修理の料金、ご配送方法はこちら←よりご案内いたしております。

ダンスコ修理はこちら専門受付サイトがございます。

オーロラシューズ修理はこちら専門受付サイトがございます。

.

.

.

オーダー靴製作も承っております。

アマクサファクトリーオリジナル革小物製品も販売いたしております。

*なんと只今、作家「井上ゆみさん」の素敵な「天草ボタン」とのコラボ商品も販売中です!

ぜひご覧くださいませ!

 

 

アマクサファクトリー合同会社

staff N.H

トップへ戻る