BOSTONIAN ローファー タッセル作成のご紹介

秋も深まりを増し、冬の寒さを感じるこの頃ですね。

さて、本日はBOSTONIAN(ボストニアン)のタッセル作成のご紹介をさせていただきます。

左足だけいつの間にか取れてしまっていたとのこと。

似た色の革で作成を致しました。

 

<Before>

 

<After>

一度ベルトを外し、入れ直したのちに縫い付けし、完了です。

 

ご依頼いただきありがとうございました!

staff.H

薄めのハーフソール

こんにちは!

今回はハーフソールの種類についてです。

 

当店では特にご指定のない場合、vibram社のエクスプロージョンソールというソールでハーフソール修理を行なっています。

その名の通り爆発したようなパターンが特徴のソールですが、厚みが2mmとやや厚めです。

そこでパンプスや華奢な印象の靴にはより薄いハーフソールを提案させていただいています。

厚みも1mmと薄いのでレディースの靴にはこちらがお勧めです。

修理例をご紹介致します。

CELINE(セリーヌ)短靴

TOSHINOSUKE TAKEGAHARA(トシノスケタケガハラ)バレーシューズ

 

staff.YS

SAINT LAURENT チェルシーブーツ、リングブーツ

こんにちは!すっかりブーツの季節ですね。

今回は綺麗なシルエットで人気の SAINT LAURENT (サンローラン)のブーツの修理をご紹介致します。

1つ目はチェルシーブーツです。新品のブーツにヴィンテージスチールとハーフラバーを付けさせていただきました。

<Before>

<After>

ヴィンテージスチール&ハーフラバーは最も耐久性のある組み合わせなので、レザーソールの靴は履き下ろす前につけるのをお勧めします。

 

2つ目はリングブーツです。こちらは履き込まれたブーツでハーフラバー、トップリフト交換の修理を行いました。

<Before>

<After>

修理後に磨き&ハイシャインも施したので綺麗になりました。また気持ちよく履いていただけますね!

 

staff.YS

傘の柄 革巻き交換のご紹介

こんにちは!

まだ気は早いですがもうすぐ12月ですね。

巷ではクリスマスソングがちらほら聞こえてきています。

さて、本日は傘の柄の革巻き交換修理のご紹介を致します。

お気に入りの傘、柄の部分が合皮でボロボロときてしまうとショックですよね、、、

本革で巻き直しをさせていただきました!

<Before>

 

<After>

 

合皮から本革(牛革)へ。

チクチク手縫いのベースボールステッチで仕上げました。

これでまだまだたくさんお使いいただけるかと思います。

ご依頼いただき誠にありがとうございました。

(*西荻窪の本店で撮影致しました)

staff.H

トップへ戻る